熊野古道

ロードバイクで行く熊野古道・伊勢路【旅行体験記】

2022年6月6日〜8日にかけて、熊野古道・伊勢路170kmをロードバイクで旅してきましたので、その様子をご紹介します。

幕府による統治や人々の生活の道として整備された中山道と異なり、熊野古道は巡礼道。

庶民の「祈りの道」として親しまれた伊勢路は、まさに八百万の神の宿る道でした。

旅程

伊勢神宮から熊野速玉大社までの170kmを2日半で目指す道のりです。

伊勢路はJR東海・紀伊本線と並走しているため、万が一のトラブルでも安心です。

詳細ルートはこちら↓

走行距離 約240km
獲得標高 約3200m
走行期間 2日半

※伊勢路本来のルートは170kmですが、迂回したり迷ったりしたせいで走行距離が伸びてます。

伊勢路は途中いくつも峠道があるため、自転車を担いで登ったり、時には迂回して進みました。

今回超えた峠は次の6つです。

  • 女鬼峠
  • 三瀬坂峠
  • 荷坂峠
  • 一石峠
  • 馬越峠
  • 松本峠

1日目:伊勢神宮〜古里温泉村(約100km)

1日目は伊勢神宮の内宮をスタートし、紀伊長島、古里温泉の民宿「はま風」さんを目指します。

※記録アプリ途中から入れたので、伊勢からになってません💦

伊勢神宮内宮をスタート

この日は朝から雨。天照大神の手洗い歓迎を受け、伊勢神宮をスタートします。

伊勢神宮の社殿は我らが木曽路のヒノキを材木にして建てられているのは、今も昔も変わりません。僕が木曽から来たもんだから、雨の御神酒で乾杯してくれたのでしょう。

伊勢神宮からおかげ横丁を通り、伊勢街道を走ります。

伊勢市内は栄えているので車通りも多く、周囲の車に注意が必要。

雨の日はリアライトをしっかりつけて、周りの車に自分の存在をアピールしましょう。

伊勢街道・熊野街道の昔の街並みをすすむ

伊勢を出てからしばらくは、歴史がありそうな木造建築が点在する集落を抜けていきます。

しかも今も人の生活が感じられます。

旧道好きにはたまらない景観ではないでしょうか。

女鬼峠

その昔、伊勢参拝を済ませた旅人たちが白装束に着替えてはるか遠い熊野を目指した熊野詣。その最初の峠が女鬼峠です。

女鬼峠の切り通し

峠の山頂部は、人が通れるように岩を切り開いて道が造られています。

狭い道ですが短い距離なので、自転車を押して行っても全く問題なく通れます。

女鬼峠の道はかなり整備されており、歩きやすい峠でした。鳥のさえずり雨が滴り流れる音。

誰もいない静かな峠の中。

祈りの道の始まりを感じる峠です。

伊勢の源「宮川」を川上へと登っていく

女鬼峠を越えると、伊勢湾に注ぐ「宮川」に沿って上流へ登っていきます。

宮川にかかる橋を何度も何度も渡り、宮川の右側を走ったり左側を走ったり。。。

そんなことを繰り返しているうちに、いつの間にか山間部の奥まで入り込んでいきます。

宮川の上流にきたことで川幅は小さくなり、両脇に青々とした山が聳えます。

これからさらに霞がかる山々の奥へとへ入り込んでいきます。

三瀬坂峠

伊勢路2番目の峠、三瀬坂峠にに入ります。

三瀬坂峠の登り口へは、現在の国道からは大きく迂回が必要です。

これは明治時代に実施された熊野街道大改修に伴い、主幹道路が従来の熊野街道を通らなくなったためだそう。

従来の熊野街道は、すぐ脇を流れる宮川の度重なる氾濫に悩まされていたことから、改修によって三瀬坂峠は主幹道路から大きく外れることになったようです。

三瀬坂峠では非常にたくさんの生き物が出迎えてくれました。

サワガニ

サワガニ
カエル
ヤモリ
特にサワガニの多さにはびっくり。
踏まずに歩くのに苦労するくらい、たくさんの蟹が出迎えてくれました。
山にいながら、アンダーザシーの世界を味わった気分でした。
まさか日本の歴史ある道からディズニーの世界を垣間見ようとは。。。

お食事どころ「いとう」にてイノシシを食す

三瀬坂峠のふもとの、ジビエ料理がいただけるお食事どころ「いとう」さん。

こちらでランチをいただきました。

ABOUT ME
息子
民宿しまだの息子です。奈良井宿生まれ奈良井宿育ち。 自転車で中山道を巡り中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。