中山道_木曽路

【木曽路~伊那谷自転車旅行記③】馬籠宿〜昼神温泉郷〜天龍・飯田市

信州木曽路〜伊那谷 自転車旅行の3日目、馬籠宿〜飯田市の様子を報告します!

全体の旅の概要はこちら>>【南信州自転車旅行記】木曽路&伊那谷を巡ってきました(3泊4日)

走行コース・立ち寄りスポット

走行コース

馬籠宿から馬籠峠、清内路峠と2つの峠を超え、阿智村を抜け、天竜峡へ寄り道して飯田市へ入っていく、走行距離59kmのルートです。

立ち寄りスポット

①昼神温泉郷、②天竜峡

旅行の様子

馬籠宿を出発

恵那山馬籠宿展望台から見える恵那山

 

2日目の夕方には曇って見えなかった恵那山が、この日の朝はくっきりと。1日の始まりに良いことがあると、その日は全てがうまくいきそうな気がしてきますね。

清内路峠

清内路峠

清内路峠。お盆の一番暑い時期でしたが、27度と気温は低く、山は涼しくていいなあと改て思いました。

ちなみにこの先にある清内路トンネルの中はさらに涼しく、寒いほどでしたw

トンネルを越えるとすぐに阿智村へ入ります。
日本一星が綺麗に見える街として、一躍有名になりましたよね。

阿智村

ここからは下り!下りは楽しくて、動画もたくさんとりましたw

一番聖水

一番聖水

清内路峠を降る途中に湧き水スポットを発見!水分が必要な自転車乗りにはとってもありがたいスポットです。

この一番聖水は、県内外から多くの方が水を汲みに来る、有名な湧き水スポットだそう。

実際に僕が給水休憩をしてる間にも何人か汲んで行かれてました

こんこんと流れる湧き水は夏でも冷たく、柔らかな口あたりでした

一番聖水

昼神温泉郷

昼神温泉郷

美しい緑と、透き通る阿智川沿いに位置する昼神温泉郷。

昼神温泉 端からの眺め

山道の中に突如現れるその街は、日常とは一線を画して存在するような、幻想的な場所でした。

昼神温泉郷

昼食:うどん屋こいけ

うどんやこいけ

昼食は、昼神温泉郷を少し過ぎたところにあった、「うどん屋こいけ」さんにて、冷やし天ぷらかけうどんをいただきました!

ここのうどんは、細麺ながら麺の歯ごたえが抜群でした!シコシコではなく、プリプリといった表現がよく似合う、うどんにしてはとても珍しい食感でした。

 

もちろん味は美味⭐️天ぷら、付け合わせの昆布ももちろん美味しかったです^^

杵原学校

杵原学校

昭和24年に建設、木造の校舎は国の有形文化財に登録されています。
現在は学校としては使われておりませんが、誰でも参加できる懐かしい授業を開いたりしているそうです。

渡り廊下は、この通りの黒光り。

杵原学校 杵原学校

Pz-LinkCard
– URLの記述に誤りがあります。
– URL=””
自分の母校の楢川小学校も木造だったので、親近感があります

城山公園展望台

城山公園

伊那谷を一望できるスポット。

すぐ両脇に山がある木曽谷と違って、盆地になっている伊那谷は雄大でした。。。

西を向けば中央アルプス、東には南アルプスと、3000m級の山々を見渡すこともできます!

城山公園中央アルプス
城山公園南アルプス

 

天竜峡へ

天龍 棚田

城山公園から天竜峡へと向かう道すがら、美しい棚田の景色に出会いました。
日本の原風景のような、懐かしい気持ちが込み上げてきます。

故郷の木曽路は山だらけで平地がなく、田んぼも作れないところ何ですけどね・・・

天竜峡

天竜峡

そして天竜峡へ。暴れ川と言われた天竜川が切り開いた絶壁が続く渓谷で、国も名勝地に指定されています。

天竜峡

かっちょいい吊り橋もかけられています。今回は運悪く工事中で渡れませんでしたが。。。。リベンジしたいところです!

天竜峡

川の下に降りても楽しめます。

本日の宿:Yamairoゲストハウス

YAMAIROゲストハウス

この日は飯田駅のすぐ近くのゲストハウス、Yamairoゲストハウスにお世話になりました。

江戸時代末期、約200年前に建設された、遠州街道の建物をリノベーションして作られたゲストハウス。貫禄抜群でした!

yamairoゲストハウス YAMAIROゲストハウス

オーナーさんもとてもいい人で癒されましたし、一緒に宿泊した若者グループとも仲良くなって、グループの1人の誕生日を一緒に祝ったりと、楽しい夜を過ごしました。

ゲストハウスの醍醐味ですね。

4日目は、伊那谷を北上し、辰野町へ向かう予定でしたが、ハプニングあり、急遽奈良井宿へ帰ることになりましたw

そのお話は次の記事で。。。。

続き>>【木曽路~伊那谷自転車旅行記④】飯田市〜伊那市〜奈良井宿

ABOUT ME
息子
民宿しまだの息子です。奈良井宿生まれ奈良井宿育ち。 自転車で中山道を巡り中。